ジェルネイルの主役となる「ジェル」は理想のアートをかなえるとても重要な要素。

ジェルネイルの主役となる「ジェル」は理想のアートをかなえるとても重要な要素。
どんな基準で選べばいいのか、
長く付き合うアイテムだからこそ納得のいくお買い物をしたいものです。

 

OMDとは、オンモードの略語。爪い上に常に一歩先を行く

最新の技術を取り入れたプロフェッショナル国産ジェル。

プロフェッショナルネイルなので、セルフネイルと差別化が可能となります。

ベース・カラー

5秒で完全硬化

ベースはアンカー効果を高め耐久性に優れ、カラーは未硬化が残らず滲みません。スピーディーな施術を可能にします。

最短

オフ5

繰り返しの施術でもダメージレスな、ノンサンディング、ノンバッフィングのベースジェル。抜群の定着力を実現。

ナノ極微粒子顔料使用

高濃度カラージェル

化粧品でも使用されている顔料はナノ微粒子で、高濃度配合されており滑らかでグラデーションがしやすく繊細ラインも描きやすいテクスチャーです。


OMDジェルと従来のジェルとの違い OMD gel VS Gel nails

OMD gel[オーエムディ]

Gel nail[従来のジェルネイル]


1)サンディング不要

・爪にキズを付けることなく塗布しても約4週間の持続可能

1)サンディング必要

・ツメの表面を削ったり、プライマーを使用することにより、自ツメの負担がかかります。
・オフする際に自ヅメを傷める可能性がある。



2)爪に優しい弱酸性

・特殊加工の密着成分により、自ツメへの定着に優れた製品。
・酸性で定着力を高めなくとも、弱酸性で持続が可能となり、 ツメに優しいジェルが実現化されました。

2)高密着ジェルメーカーは酸性

・酸性を使用しているジェルは、ツメ痩せの原因となる
・ツメを産生する機能にダメージを与え、成長に害を及ぼす。



)超微粒子国産顔料使用で変色しない

・顔料の細かさは、劣化による変色を防ぎ鮮やかな発色を  持続させます。
・微粒子なため沈着しにくく、一度の撹拌で十分な時間を保つことが出来ます。

3)変色・沈澱・不安定なカラー

・時間が経つにつれて、変色・脱色をすることがある。
・ジェルに含まれている顔料が沈着する事により、
  使用の度に撹拌する必要がある



)溶かせるトップジェル

・オフの際、ジェル表面に傷を付けなくても全て溶けやすい。
・ダストに悩む事もなく、ネイリストの負担を最小限!
・サービス時間の短縮。

4)削るしかない溶けないトップジェル

・液体で溶けにくいトップジェルやカラーはファイルで
  削り除去が必要。 ・削る手間と、ダストによる
  アレルギーが原因で施術者には負担。



)LED20秒時間短縮とコスパ

・カラーはなんと5秒。
・LEDライトは比較的高価だが、半永久的にバルブの  交換が不要なので、 コストパフォーマンスが良い。
・硬化スピードが30秒と早いので、  施術時間を大幅に短縮できる。

5)UVライトは2~3分

・硬化スピードが1〜3分と長いので、施術に時間がかかる。 
・ライトの使用頻度が高いネイルサロンでは、バルブの交換を
  必要とするため、コストがかかる。